classic_watches_datejust_00001_1920x1080.mp4

デイトジャスト

クラッシックウォッチの典型

流行に左右されない美しさと機能を兼ね備えるクラシックなデイトジャスト。初期のモデルに顕著に見られるデザイン的特徴を長年にわたって保ち、誰が見てもひと目でわかる時計として広く知られている。

デザイン

際立った特徴を持つウォッチ

ゴールドとスチールのコンビネーションのロレックス ウォッチはロレゾールと呼ばれ、1933 年にその名が登録されて以来、ブランドの特徴となっている。ロレゾールは輝きと安定性が魅力の貴金属と、耐久性に優れ強度と信頼性で知られる金属との幸運な出会いから生まれた。これらの特性はすべて、ロレックス ウォッチに共存するエレガンスと性能を完璧に反映している。

デイトジャストは様々な組み合わせと、31mmから41mmまでのサイズ展開がある。イエローロレゾールとエバーローズロレゾール(18ct ゴールドとオイスタースチール)のロレックス デイトジャスト 36は、バリエーション豊富なダイアルから選ぶことができる。

ダイアルは高い独自性と視認性を誇る、ロレックスの顔である。変色しにくい18 ctゴールド製アワーマーカーが特徴的で、設計から製造まで自社内で行われており、完璧を期すためにそのほとんどが手作業で行われる。エバーローズロレゾールのデイトジャスト 41にはサンダストダイアルが入る。

classic_watches_datejust_the_rolex_way_0001.mp4

特徴

永遠に色あせないデザイン

オイスターブレスレットは形と機能、美しさと技術の完璧な融合である。1930年代後半に初めて発表された極めて堅牢で優れた金属のブレスレットで、幅広の平らな3列リンクで構成された、オイスターコレクションの中で最も一般的なブレスレットである。オイスター パーペチュアルモデルのオイスターブレスレットには、オイスタークラスプが採用されている。

ジュビリー、しなやかで快適な5列リンクの金属のブレスレットで、1945年にオイスター パーペチュアル デイトジャストの発売に合わせて特別にデザインされた。ジュビリーにはコンシールドタイプのクラウンクラスプが採用されている。

デイトジャストの日付は3時位置の小窓に表示され、瞬時に切り替わる。クリスタルにはロレックスが1953年に発明したサイクロップレンズが搭載され、日付を拡大して視認性を高めている。

世界観

オイスターコレクションの象徴

1945年

18 ct ゴールド オリジナル オイスターパーペチュアル デイトジャスト

ロレックス オイスターは当時の時計製造における最も重要な発明の一つだ。1945年に創立40周年を記念して、ロレックスはダイアルの小窓に日付を表示する初の自動巻腕時計であるデイトジャストを発表した。際立った特徴を持つ時計である初代デイトジャストには、このモデルのために特別にデザインされたジュビリーブレスレットとフルーテッドベゼルが採用され、一目でロレックスと分かるデザインとなった。

デイトジャストは、モデル名の由来となった、3時位置の小窓に日付を表示する初の自動巻防水クロノメーターであった。初代モデルでは、午前0時の数時間前から日付が変わり始めていた。1955年には、日付が瞬時に切り替わる機構が採用され、またダイアルの日付表示窓の上には数字を拡大するサイクロップレンズが搭載され、視認性がさらに向上した。

ロレックス デイトジャスト 41は、1945年のオリジナルモデルの系統を引き継ぎ、一目でロレックスと分かるデザインとなっている。

ひとつひとつのロレックスには
ストーリーがある

ロジャー・フェデラー

デイトジャストを

店頭にて

実際に体感する

お客様ご自身がロレックスの細部にまでいたるこだわり、均衡のとれた重量感、快適性と操作性、そして感触を実際に確かめ、体感することが最良だと信じています。

全ての販売店を見る
No Authorized Retailers were found in your Location

デイトジャストの
シミュレーション

関連記事

パーペチュアル

ダイアルに記された言葉以上の意味をもち、パーペチュアルとは私たちを突き動かす精神である。