professional_watches_milgauss_video_cover_0001_1920x1080.mp4

ミルガウス

科学に敬意を表して

ミルガウス

ロレックス ミルガウスは科学業界の要望に応えるべく、最大1,000ガウスまでの耐磁性を実現した。一般的な機械式時計の信頼性と精度は50~100ガウスの磁場で影響を受ける。

しかし、多くの科学者が、研究の過程でその数値をはるかに超える強力な磁場にさらされている。ロレックスはその解決策として、世界に先駆けて卓越した耐磁性を誇るミルガウスを開発した。時計の名前の「ミル」はフランス語で「1000」という意味である。ミルガウスはとりわけ、ジュネーブの欧州合同原子核研究機構(CERN)の科学者が着用する時計として有名になった。

デザイン

ユニークな特徴

科学的伝統に忠実に

ミルガウスは科学の遺産に忠実であり、独自のアイデンティティを保ちながら進化を遂げてきた。オリジナルモデルから発想を得た、はっきりとしたラインと稲妻の形をしたオレンジの秒針で、すぐにそれと分かる個性的なモデルである。

ミルガウスは、ルミネッセンスを施したホワイトまたはオレンジのアワーマーカーを備える。かすかなライム色を帯びるグリーンサファイア クリスタルが、高い視認性を保ちながら光の反射をつくりだす。これもまたロレックス独自の技術である。

特徴

高性能磁気
遮断システム

ミルガウスの耐磁性における最初の革新は、オイスターケースの中に備えられた画期的な磁気シールドである。ロレックスが厳選した強磁性合金で作られたこのシールドは、ムーブメントを包み込んで保護する。この磁気シールドの上には、アルファベットの「B」の文字の上に矢印を配した磁束密度を表す記号が刻印されている。しかし、この記号を目にすることができるのは、ロレックス公認のウォッチメーカーだけである。

ミルガウスには、ロレックスが開発・製造した機械式自動巻ムーブメント、キャリバー3131が搭載されている。このキャリバーにはロレックスが特許を取得した最先端の技術が注ぎ込まれ、磁場に対する並外れた耐性が保証されている。

ミルガウスの新世代モデルのムーブメントを構成する主要部品のいくつかは、ブルーのパラクロム・ヘアスプリングを始めとする革新的な常磁性素材から作られている。これらの素材は、時計製造の全工程を管理するロレックスが最新の技術を駆使し、独自に開発・製造を手掛けた。

professional_watches_milgauss_the_rolex_way_0001.mp4

世界観

科学研究の
最前線で

1956年 欧州合同原子核研究機構(CERN)

最大規模の研究所、微細な粒子

オイスター パーペチュアル ミルガウスは1956年に開発された先駆的な耐磁腕時計であり、欧州合同原子核研究機構(CERN)をはじめとする、科学者や技術者に愛用された。
CERNは世界の傑出した素粒子物理学研究所であり、世界最大で最強の粒子加速器である大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を所有する。

1956年

最初のミルガウス

世界を代表する素粒子物理学研究所である欧州合同原子核研究機構(CERN)。ここでは万物の根本にまつわる謎を解明すべく、最先端の科学研究が行なわれている。1950年代にミルガウスが1,000ガウスまでの磁場に耐えうることを確認した、最初の科学機関のひとつであった。

欧州合同原子核研究機構(CERN)

スイス・ジュネーブ近郊、フランスとの国境近くにある研究所

ひとつひとつのロレックスには
ストーリーがある

ティム・ヘンマン

ミルガウスを

店頭にて

実際に体感する

お客様ご自身がロレックスの細部にまでいたるこだわり、均衡のとれた重量感、快適性と操作性、そして感触を実際に確かめ、体感することが最良だと信じています。

全ての販売店を見る
No Authorized Retailers were found in your Location

ミルガウスの
シミュレーション

関連記事

パーペチュアル

ダイアルに記された言葉以上の意味をもち、パーペチュアルとは私たちを突き動かす精神である。