QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする

ライダーカップ

ロレックスと

ロレックスは、50年以上にわたりゴルフの中心的な役割を果たしてきた。1995年以来続くライダーカップとの関わりは、スイスのウォッチメーカーであるロレックスとゴルフとの絆において欠かせないものとなっている。ロレックスは2018年、パリ近郊のル・ゴルフ・ナショナルで開催されるこの大会のスポンサーを務める。

トロフィー

ロレックスとライダーカップ

ゴルフのレベルが最も高い国はどこか。90年前、この疑問がきっかけとなって英国と米国のゴルファーたちが友好試合を始めた。試合を観戦した実業家のサミュエル・ライダーはこの大会に夢中になり、定期的な試合開催にトロフィーを提供することを決めた。1927年、2つのチームはマサチューセッツで再会。これが隔年開催の幕開けとなった。その続きは言うまでもない。ゴルフ界の誰もが憧れる賞、ライダーズカップは、ゴルフの真髄である卓越性とフェアプレーという伝統的な価値を何よりも重んじる。

ライダーカップトロフィー

ル・ゴルフ・ナショナル

ロレックスとライダーカップ

2018年のライダーカップはヨーロッパの地、パリ近郊で開催される。ル・ゴルフ・ナショナルのアルバトロスコースに設置されたクロックが、あらゆるレベルでのゴルフの発展にロレックスが長きにわたり貢献してきたことを物語る。

ル・ゴルフ・ナショナルのアルバトロスコース
アメリカとヨーロッパの国旗

チームスピリット

ロレックスとライダーカップ

ライダーカップでは、賞金はない。この試合ではヨーロッパと米国の一流ゴルファーが、プライド、敬意そしてチームの栄光を賭けて戦う。個人のライバル心を脇に退け、チームは持てる技術を総動員して臨む。2年ごとに開催されるこの有名な試合で、大西洋のどちら側が栄誉を勝ち取るのかが決まるのだ。

コース上にいる2人のチームメイト
ゴルファーとライダーカップの観客

比類なき大会

ロレックスとライダーカップ

ライダーカップは、おそらくゴルフで最もエキサイティングな団体戦だ。2年ごとにヨーロッパと米国の一流ゴルファーたちが出場。毎回20万人もの観客がコースに詰めかけ、世界中で何百万ものファンがテレビで観戦する。金曜日から日曜日、3日間にわたる試合は常に緊張感に溢れ、ドラマチックな展開にプレーヤーとファンの熱い思いが高まる。

ライダーカップの観客
空に向かってライダーカップトロフィーを高く掲げる選手