QRコードをスキャンしてWeChatでロレックスをフォローする
Rolex and yachting – a natural affinity

ロレックスとヨットレース

ロレックスは、ヨットというダイナミックなスポーツと時を超えて変わらぬその価値観への共感から、自然にヨットの世界と密接な関係を築いていくこととなった。このユニークな絆は、半世紀以上前、ニューヨーク・ヨットクラブとの重要なパートナーシップの締結に遡り、これによりロレックスはヨットと関わりをもつようになった。今日ロレックスは、世界有数のヨットクラブや組織、レガッタと深く根差した絆を結びながら、ヨットのスピリットの守り手たちと最高水準の卓越性を共有している。

ロレックス ロゴをつけたヨット

ロレックス・シドニー・ホバート・レース

ロレックスとヨットレース

ロレックス・シドニー・ホバート・レース

冒険、勇気、決断力、発見、スポーツマンシップ。ロレックス・シドニー・ホバート・レースを定義するこれらの言葉は、ロレックスが関わるこのスポーツのスポーツ精神を反映している。1945年から毎年開催されるこのクラシックオフショアレースは、シドニーからタスマニアのホバートまでの628海里で展開する。レース中の過酷な気象条件を克服するため、クルーには最高のパフォーマンスが要求される。12月26日、美しいシドニー湾にて数千の観客たちがアマチュアヨットマンの30フィートボートからプロの操縦する100フィート級のマキシヨットまで、世界の船を迎え入れる。そしてその沖では果敢な挑戦が繰り広げられる。

ヨットレース

マキシ・ヨット・ロレックス・カップ

ロレックスとヨットレース

マキシ・ヨット・ロレックス・カップでは精確性と卓越性が欠かせない。それは最高のスキッパーとクルーが、最新鋭のヨットで競い合うからだ。壮麗たるマキシヨットが一堂に会し、毎年9月にサルデーニャ島コスタ・スメラルダのポルト・チェルヴォで1週間にわたり展開するこのレースは、最先端のヨット操縦技術をもつ革新家たちが集まるユニークなイベントでもある。1980年にヨットクラブ・コスタ・スメラルダとその会長のアガ・カーンの発案によって創設されたこのレースは、プロにもアマチュアにも愛され続けている大会だ。

マキシ・ヨット・ロレックス・カップ

SailGP

ロレックスとヨットレース

SailGPは毎年開催されるこの世界的スポーツ選手権は、驚異的な最先端技術と圧倒的なアスリート精神が際立つ大会だ。インショアで繰り広げられる競争は世界でも最も有名なハーバーで行われ、頂上決戦を迎える。オーストラリア、中国、フランス、イギリス、日本、アメリカ代表のナショナルチームが同型の過給機搭載F50カタマラン艇で競い合う。このレース艇は、50ノット(時速約60マイル/100km)以上ものスピードが出る激しいレースを想定して整備される。

ロレックス・スワン・カップ

ロレックス・ファストネット・レース

ロレックスとヨットレース

世界中のセーラーから最高位の腕試しとして称される、ロレックス・ファストネット・レースは20年以上も、ロレックスとオフショアレースの提携の重要な土台ともなっている。2年に1度開催されるこの大会は、プロ、アマのセーラーたちを魅了し、20ヶ国から300を超えるヨットが集結する。参加する2500人余りのセーラーたちの繰り広げるパフォーマンスは圧巻だ。ロイヤル・オーシャン・レーシング・クラブによって開催される605海里のこのレースは、ワイト島のカウズのロイヤル・ヨット・スコードロンをスタートし、イングランドの南海岸沿いを通り、アイルランド南東沖のファストネットロックに到達する。そこで船は折り返し、ケルト海を横断してゴールのプリマスを目指す。

ロレックス・ファストネット・レースとファストネット・ロック

ロレックス TP52
ワールド・チャンピオンシップ

ロレックスとヨットレース

2008年に創設され、毎年異なる場所で開催されるロレックス TP52 ワールド・チャンピオンシップは、ロレックスが公式タイムピースを務める52スーパーシリーズの年間ハイライトだ。この大会への参加艇は、さまざまな基準の中でも長さ、喫水、セールエリアの項目において定められたサイズを超えてはならない。TP52では実時間でレースを競い、ゴールラインを最初に通過したものが勝者となる。勝者になれるのは、最も周到に準備を行い、高いスキルを持ったチームだ。これほどまでに拮抗したレースでは、タイミングが運命を分ける。このレベルでは1秒1秒が勝利の行方を左右するのだ。

ロレックス TP52 ワールド・チャンピオンシップ